watch clip

腕時計の情報サイト|ウォッチ クリップ

3Dプリンタで作る、職人業と融合した腕時計ブランド「Zayger(ゼイガー)」

コメントする

最近になって、急激に3Dプリンタに関する記事が増えています。

アディダスやナイキが導入して開発コストを削減した話題とか、

一般消費者が3Dプリンタで作成した作品を公開したりとか、

企業から個人まで様々な人が3Dプリンタに興味を示しているようです。

時計業界も例外ではありません。

3Dプリンタで時計を作るというコンセプトのもと、

海外の「Zayger(ゼイガー)」というブランドが立ち上がっています。

こちらがその時計。一見すると普通の腕時計ですが、

3Dプリンタと時計職人の業の融合によって作られています。

画像

画像

カラーバリエーションも色々あるようです。

画像

こちらのブランドを立ち上げたのは、時計職人のShlomo Mockin(シュロモ・マッキン)氏。

幼少のころから腕時計に対する興味をもち始めた彼は、

時計に関する様々な制作技術を学んできました。

3Dプリンティングという革新的な技術との出会いは2年前。

その過程のなかで、3Dモデリングについても勉強してきたそう。

複雑な構造やデザインを求められる場合も、

3Dプリンティングであればコストを抑えて設計ができると言っています。

こちらは3Dモデル。

画像

時計職人としてのベースがあってこその3Dプリンティングと融合。

パーツの細部には、その職人技術が生かされています。

画像

現在はキックスターターに登録されています。

3Dプリンティングは製造業全体にメリットがある技術だと思います。

扱える素材の制限、1つのオブジェクトをプリントするまでの時間など様々な問題がありますが、

3Dプリンタの自由度が広がって、時計業界にも良い影響を与えてくれると期待したいです。

参考:Social Design News

クレジット:Zayger Watches

広告

作成者: watchclip - tky

腕時計を取り扱う商社に勤めてます。WEBサイトや商品カタログの制作からシステム管理等々をやっております。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中