watch clip

腕時計の情報サイト|ウォッチ クリップ

アポロ11号の金属片で作られた腕時計。

コメントする

ユニークな時計を数々と生み出しているRomain Jerome社から月の塵とアポロ11号の金属片を使った腕時計が発売されました。

画像

文字盤はまさに宇宙を感じさせるデザインです。

6時位置とベルトの間には42時間のパワーリザーブが搭載されています。

画像

左側にはトゥールビヨンがあり機械的な動きも楽しめそうです。

画像

当然スケルトン。

パーツの一つ一つにもこだわりが感じられます。ヒンジ部分のパーツがかっこいいです。

限定25台で価格は11万5000ドル(約1150万円)だそうです。

Romain Jerome社は「有名な伝説のDNA」なコンセプトのウォッチメーカー。

過去にもTITANIC号の部品、自由の女神の金属、月の塵、火山灰などを使い、

デザインと素材を融合させてかつて無い時計コレクションを生み出しています。

ROMAIN JEROME
出典:GIZMODE 「月の塵とアポロ11号とメカニズムの複雑さが詰まった時計」

広告

作成者: watchclip - tky

腕時計を取り扱う商社に勤めてます。WEBサイトや商品カタログの制作からシステム管理等々をやっております。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中